治療を施す方向性は美容にも向けられる目頭切開などの手法

リラックスした外国人女性

並行作業の魅力

 昔から美容外科クリニックでよく行われてきたのは、メスで皮膚を切開して人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術です。挿入する人工乳腺バッグのサイズが多彩になっていますので、それぞれの患者が希望通りのサイズのバストを手に入れることができます。最近の人工乳腺バッグの性能は向上していますから、多少強めの衝撃を受けることがあったとしても、体内で破損してしまうようなことはまずありません。半永久的なバストアップ効果を得ることができるため、現在でも人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術を受ける人がたくさん存在しています。その一方で、脂肪が気になっている部位から脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入することによってバストアップ効果を得るという豊胸手術を受ける人も多くなってきています。この方法であれば、痩身効果と豊胸効果を同時に得ることができます。

 以前から美容外科クリニックで脂肪吸引手術を受ける人がたくさんいましたが、昔は吸引した脂肪をそのまま処分していました。しかし、ただ捨ててしまうのではなく、吸引した脂肪を他の治療で活用することはできないものかと考える医師が登場してくるようになり、その結果として、自己採取脂肪を注入する治療法がいくつも開発されました。アンチエイジング目的の治療で脂肪注入法が採用されるケースが少なくありませんが、一番件数が多くなっているのは、豊胸手術で脂肪注入が行われるケースです。もともと自分の体にあった細胞を注入するわけですから、拒否反応が起こる心配が全くありません。とても安全性が高い治療方法であるため、多くの人が脂肪注入法による豊胸手術を受けています。また、細胞生着率を高める研究が続けられていますので、一昔前に比べると、豊胸効果を長く持続できるようになってきました。